ピック

コーヒー

コーヒー焙煎では

まず初めに欠点豆を取り除く作業(ピック)から

とりかかります。

欠点豆といっても多種あり

虫食い豆

黒豆

貝殻豆

.

.

など様々です(上記リンク参照)。

その時の生豆によって

欠点豆の量も違いますが

最近焙煎したコロンビアの豆は

比較的欠点豆が少なかったです。

そのまま焙煎しても変わらないのでは??

と思う方もいるかもしれません。

実際に欠点豆を含めて焙煎したことが

ないので確実なことは言えませんが

調べる限り欠点豆というのは

焙煎時に焦げやすかったり

コーヒーを入れたあとの臭い、エグ味に

影響するようです。

個人的には

虫食い豆のコーヒーはさすがに抵抗があり

味どうこうというより

ピックしたほうが安心です。

それでもまぁ、

虫が好んで食べるくらいですから

おいしい豆なんだろうな、

と思いながらピックしています。

焙煎後もピックしますが

こちらは他の色と明らかに違うものや

少し焦げ跡がある豆(=ハゲ豆)を

ピックします。

焙煎する過程で

豆内の水分が弾けても

ハゲ豆になるようです。

ハゲ豆だけでコーヒーをいれたことも

あります。

正直私には

明らかな苦味やエグ味など

味の品質を落としているようには

感じませんでしたが

豆を見たときに「焦げてる!」

と思われるより

揃っていた方が綺麗だなと。

私なりの想いとして

飲んでいただく方に届けば何よりです。

ブルーボトルコーヒー

豆を買った時は衝撃でした。

いわゆるハゲ豆やいろいろな色の豆があり

豆の大きさもバラバラですが

それでもおいしい。

シングルオリジンでも

環境や淹れ方によっても味が変わります。

同じ品種でも

焙煎具合でまた違った味に。

再現性を出すのは容易ではないと

感じています

(我が家は手回しロースターなのでより)。

知れば知るほど深い世界ですが

その分味わい方、楽しみ方が

増えて面白いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました