キャンプでの防寒対策9選

camp

さむっ

今シーズン最後で家族とキャンプへ。

先月も訪れたTiny Garden蓼科湖です。

行く道中麦草峠を越えて行きましたが

標高2100m以上の峠は

14時の段階でも最低気温3℃!!

さすが標高差あるな〜なんて

思ったのも束の間。

キャンプ場に到着した時点でも

7℃しかありません、、あれ?

この日から寒波の影響で全国的に

ぐっと気温がさがりました。

想定内ではありましたが

風もあり想像以上に寒い、、。

キャンプ場は標高が高い場所のところも多く

冬キャンでなくとも防寒対策は必要です。

今回はキャンプ場での防寒対策を紹介します。

防寒対策9選

①着込む

夏場でも朝晩になると冷え込むことがあります。

そんなときにさっと着れるものを

用意しておくのをおすすめです。

フリースやパーカー、ロングTシャツなど

比較的薄手のものから

ダウン、アウターなどの厚手のものも

あると良いです。

そんなに持ってこなかったよー

という場合などにかっぱも防寒対策になります。

それからインナーはヒートテック、

ストッキング、ロング靴下があると良いです。

②ストーブ

建てるテントが通気ができるもの、

暖房器具を使用できる場合は

ストーブは必須アイテムとなります。

一般的な石油ストーブは

行く道中で灯油が漏れる心配もあり注意。

アラジンストーブやスノーピークの

レインボーストーブがおすすめ。

Amazon | スノーピーク(snow peak) ストーブ レインボーストーブ ブラック KH-001BK | スノーピーク(snow peak) | ストーブ・ヒーター・ウォーマー
スノーピーク(snow peak) ストーブ レインボーストーブ ブラック KH-001BKがストーブ・ヒーター・ウォーマーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

薪ストーブも憧れますが

煙突の設置や防炎対策が必要であり

玄人の領域となるでしょう。

ストーブを使用する場合は

一酸化炭素中毒に要注意!

濃度を測定してくれるチェッカーがあると良いです。

※テント内はストーブ以外の方法で

空間を温めるのは危険です。

例えばテント内で焚き火をしたり(燃えます)

炭を入れたり(無理心中と同じです)

なんていう方法は自殺行為です。

ストーブがない場合は下記方法がおすすめ。

③テントの隙間を塞ぐ

スカートのないテントの場合

隙間風を防ぐだけで体感温度が変わります。

レジャーシートで内側から塞いだり

ペグをしっかり打って隙間を作ったり

荷物を置いたりするだけでも変わります。

④テント床にマットを敷く

床から底冷えを防ぐのも大切。

グランドシートを張る他

なるべく厚手のマットを敷きましょう。

⑤湯たんぽを作る

昔ながらの方法ですが寝袋にいれておけば

ぽかぽかで寝ることができます。

湯たんぽがない場合は

ナルゲンボトルがあれば大丈夫です。

熱湯を入れてタオルを巻いて使うだけ。

そのまま冷えても変形しないので安心です。

⑥カイロを使う

寒い時期ならコンビニでも売っている

カイロが便利。

寝袋に入れておく他

身体に貼っておいても良いですね。

※寝る際は低温やけど防止のために

直接身体に触れない場所に貼りましょう。

⑦電気毛布を使う

エリア内にAC電源サイトがあれば

電気毛布があれば最強です。

コード接続部分を濡らさないように注意し

敷いておくだけでかなり違います。

⑧寝袋を二重にする

寝袋が二つあり、かさねられれば

二重にするのもおすすめ。

シンプルですが体感温度がぐっと変わります。

⑨お湯やお風呂がある場所を選ぶ

キャンプ場によっては

お湯の出るところもあります。

極寒の世界で水洗いするのは地獄です。

数少ないですがお湯がでればかなり違います。

お風呂や温泉があるキャンプ場なら

寝る前に温まって寝るのがおすすめです。

まとめ

防寒対策をして寒さをのりきろう!

上記の方法を全て行わなくても

防寒対策になります。

寒い時期は空気がすんでより

星が綺麗に見えたり景色が綺麗に見えます。

虫が少ないのもメリット。

防寒対策をして夏には味わえない

冬キャンを楽しんでください^ ^

Tiny Gardenはお湯もでるし温泉もあり

冬にもおすすめのキャンプ場。

ちょうど紅葉の始まりといった具合ですが

とても綺麗な景色を味わえました^ ^

コメント

タイトルとURLをコピーしました