リーフティー

item

モーニングではコーヒーを淹れることが多いですが

紅茶も好きでたまには紅茶にしてみたり。

普段はティーバックで紅茶を淹れますが

久々にカルディでリーフティーを購入。

最近は来客する方が多いので

お客様用として購入したのですが

いざ淹れてみるとその美味しさにハマり

今では飲みたい時に自由に淹れています。

紅茶のおいしいいれ方を参考にいれています。

紅茶の淹れ方

  1. あらかじめポットとカップを温めておく。
  2. 杯数分の茶葉を温めたポットへ入れる(一杯分の茶葉は2.5~3gほど)
  3. 沸騰したてのお湯を入れる
  4. 蒸らす(細かい茶葉で2.5~3分、大きな茶葉は3~4分ほど)
  5. 温めたカップへ注ぐ(最後の一滴まで!)

ポットの種類にもよりますが、

中で茶漉しがないタイプのものは

お湯を注いだときにまるで生きているかのように

茶葉が舞うそうです(いつか生でみてみたい)。

我が家は工房アイザワのストレートポットを使用していますが

スタイリッシュな見た目だけでなく

少量ですが注ぎやすい構造になっていて

とてもお気に入りです。

Amazon|工房アイザワ ブラックピーマン ストレートポット 横手 70245|ティーポット オンライン通販
工房アイザワ ブラックピーマン ストレートポット 横手 70245がティーポットストアでいつでもお買い得。お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。アマゾン配送商品は通常配送無料(一部除く)。

ステンレス製でお手入れしやすいのも◎。

中に茶漉しがありますが

ティーバックを使用するときは外して

淹れることができるのでその利便性も◎です。

最後の一滴まで注ぐ

→通称ゴールデンドロップというそうですが

この一滴には後味をスッキリさせる効果があるらしく

ここが一番うまいところみたいです。

名前からしてなんだか特別感を感じます。

コーヒーは最後まで抽出するとえぐみが出るので

その点逆ですね。

それにしてもティーバックと

リーフティーでここまで味、風味に違いが出るとは

最初は思いませんでした。

紅茶専門店に行ってみたい今日この頃ですが

今ではリーフティーは生活を潤してくれる

一品となっています^ ^

コメント

タイトルとURLをコピーしました